トラブル解決は弁護士に依頼!探し方と選び方をご紹介

>

こんな弁護士には要注意

受付窓口担当の対応を見る

気を付けた方が良い弁護士の見分け方の一つは、良い弁護士の見分け方でも紹介した電話をして受付窓口の対応を見てみる方法です。

事務所の長である弁護士がしっかりしている事務所は、その事務員である受付窓口担当の対応も良い可能性が高く、自分に合うかどうかの判断だけでなく少なからず良し悪しの判別もつける事が可能です。

見分ける基準として目を付ける点は、「気持ちの良い対応かどうか」と「こちらの要望に快く答えてくれるか」といった点です。

気持ちの良い対応というのは、はきはきと元気に対応してくれるかどうかという意味で、ぼそぼそと暗い対応の場合は教育が行き届いていない可能性があります。
また、折り返しの連絡などのお願いをこちらからした際に、頑なに拒む様な所も対応としては良いとは言えませんので気にしておきましょう。

相談無料なら実際に対応を見てみる

電話で聞く以外にも見分ける方法はあります。
それは弁護士へ実際に相談をしてみる事です。

今だと「無料相談」のサービスを実施している弁護士事務所も多く、その弁護士が信用に値するかどうかを見分ける為に活用できるサービスです。
なお、相談というのは依頼とは違い、弁護士のトラブル解決を頼むのではなく、解決をするためのアドバイスを貰うなどが出来る、依頼の手前の段階の事です。

実際に相談をしてみて、弁護士の生の対応で「具体的な話が出ない」や「自身に親身な対応をしてくれない」といった場合、その弁護士への依頼は控えた方が賢明と言えます。

但し、相談するとなると予約などを取る必要があり、それなりの時間が掛かる場合がほとんどです。
良し悪しを判断する最適なサービスではありますが、自身の抱えているトラブルに時間を掛けれるかどうかを確認し、どのように弁護士を選んでいくかが最も重要と言えるでしょう。


Share